« 第41日目 私たちの告白を堅く保つ(第6週目) | トップページ | 第43日目 この世から自分自身の潔白さを保つ(第7週目) »

第42日目 告白は私たちの信仰生活の有益な証拠である(第7週目)

みことばの学び ヤコブ1:25-26; 3:2-6(暗誦聖句:箴言4:20-22
[1]
1:25 ところが、完全な律法、すなわち自由の律法を一心に見つめて離れない人は、すぐに忘れる聞き手にはならないで、事を実行する人になります。こういう人は、その行ないによって祝福されます。
1:26 自分は宗教に熱心であると思っても、自分の舌にくつわをかけず、自分の心を欺いているなら、そのような人の宗教はむなしいものです。

[3]
3:2 私たちはみな、多くの点で失敗をするものです。もし、ことばで失敗をしない人がいたら、その人は、からだ全体もりっぱに制御できる完全な人です。
3:3 馬を御するために、くつわをその口にかけると、馬のからだ全体を引き回すことができます。
3:4 また、船を見なさい。あのように大きな物が、強い風に押されているときでも、ごく小さなかじによって、かじを取る人の思いどおりの所へ持って行かれるのです。
3:5 同様に、舌も小さな器官ですが、大きなことを言って誇るのです。ご覧なさい。あのように小さい火があのような大きい森を燃やします。
3:6 舌は火であり、不義の世界です。舌は私たちの器官の一つですが、からだ全体を汚し、人生の車輪を焼き、そしてゲヘナの火によって焼かれます。



M1.
①きょうのみことばが理解できるように祈りましょう。


M2.
①敬虔になることは、神様の約束を真剣に見つめるということです。神様の法則はどのように私たちの人生を解放するのでしょうか。私たちは何をすべきなのでしょうか(ヤコブ1:25)。

②神様の約束を神のことばの反映のように見つめ、自分は宗教に熱心であると思っている人に必要なこととは何ですか(ヤコブ1:26)。

③私たちの舌に必要なものを見つけ出してください。なぜ、私たちは私たちの舌にくつわが必要なのですか(ヤコブ3:2-6)。


M3.
①あなたの敬虔さが失われないために、今週、あなたがディボーションで受け取った、神様の約束を告白する練習をしましょう。


M4.
①みことばを分かち合うこと(M4)は敬虔さの一部です。あなたが受けた真理をシェアーしましょう。 a.家族に  b.セルグループのメンバーに


【教え】
敬虔さはすべてのことのために有益です(Ⅰテモテ4:8)。敬虔に有益なものもあれば、しかしまた、敬虔に役に立たないものもあります。敬虔さが有効であるということの理由は、神様が私たちに啓示している約束だからです(出エジプト23:25-35)。それゆえ、敬虔さを通して、私たちは神様のたくさんの約束を見いだし、そしてそれを手に入れることができるのです。しかし、神様の約束を見つめ、それを発見している敬虔的な多くのクリスチャンでさえも、すぐその後で、自分たちの舌でそれらの約束を無効にしているのです。説教を聞いたあとや、良い本を読んだり、M4を行ったあとで、「私はキリストの御霊によって私は癒された」と興奮して言います。ところが、彼らは敬虔なことをした直後、痛みがさらにひどくなり、そして友人から「あなたの病気はどうですか」と聞かれます。彼はただちに、「そうですね、病気が回復するのは難しいですね。これから先、私の病気はもっと悪くなるでしょう」と答えます。その人に何が起こるのでしょうか。彼の舌が彼の宗教(信仰)をキャンセルしたのです(ヤコブ1:26)。そういう理由で、私たちの舌を守ることが大変重要なことなのです。神のことばに反するいかなることも言ってはいけません。語るときがあれば、神のことばにふさわしく語りなさい(Ⅰペテロ4:11)。このことを、しばしば、できる限り練習しましょう。私たちが告白する信仰のキリストを覚えていましょう。

|

« 第41日目 私たちの告白を堅く保つ(第6週目) | トップページ | 第43日目 この世から自分自身の潔白さを保つ(第7週目) »

ヤコブ」カテゴリの記事

第6週目 神様の約束への継続的確信」カテゴリの記事