« 第46日目 あなたの個人的な礼拝(第7週目) | トップページ | 第48日目 あなたの体をもって主の栄光を現せ(第7週目) »

第47日目 共同体の礼拝(第7週目)

みことばの学び ヘブル10:23-26、39(暗誦聖句:ヤコブ1:27
10:23 約束された方は真実な方ですから、私たちは動揺しないで、しっかりと希望を告白しようではありませんか。
10:24 また、互いに勧め合って、愛と善行を促すように注意し合おうではありませんか。
10:25 ある人々のように、いっしょに集まることをやめたりしないで、かえって励まし合い、かの日が近づいているのを見て、ますますそうしようではありませんか。
10:26 もし私たちが、真理の知識を受けて後、ことさらに罪を犯し続けるならば、罪のためのいけにえは、もはや残されていません。
10:39 私たちは、恐れ退いて滅びる者ではなく、信じていのちを保つ者です。


M1.
①きょう、あなたが瞑想する真理が理解できるように祈りましょう。


M2.
①神様が私たちに与えておられる厳しい注意とは何ですか?(25b) それらの注意を聞かないとき、何が起こるでしょうか?(26)

②私たちがもはや罪によって縛られないために、私たちが持つべき習慣とは何ですか?(24-25)

③私たちの大祭司はどんなお方ですか?また、私たちのなすべき分は何ですか?(23、24)


M3.
①24-25節の内容を家族やセルグループにどのように適用しますか?


M4.
①きょうのディボーションで受けた祝福を少なくとも一人にシェアーしましょう。


【教え】
私たちは礼拝において、バランスを持つべきです。個人的な礼拝もありますし、共同体の礼拝もあります。共同体の礼拝は個人を強くするでしょう。また同時に、個人の礼拝は共同体の礼拝を強くするでしょう。双方の礼拝は、互いに影響しあっています。二つの礼拝は同じくらい大切です。共同体の礼拝は個人の礼拝を強めるために助けとなるでしょう。
たとえば、私たちが行うすべてのことにおいて説明責任を求めたり、ディボーションをすることを悟らせてくれるグループ(共同体)がいなければ、ディボーションの時間を継続的に持つことは難しいでしょう。心理学者は「人が他の人に対して説明責任を負わなければ、その人は自分自身に責任を取らないだろう」と言いました。あなたは成熟したいですか?説明責任を取ることを学びましょう。成熟度は年齢によってではなく、責任を取ることによって決まるのです。共同体の集まりは私たちを整えてくれるでしょう。個人の礼拝では、訓練を受けることはできません。共同体の礼拝を通して、神様はご自身のことばの富をもって、私たちを信頼するでしょう(コロサイ3:16)。私たちが共同体の中でディスカッションするとき、すべての知恵を受けるでしょう。

|

« 第46日目 あなたの個人的な礼拝(第7週目) | トップページ | 第48日目 あなたの体をもって主の栄光を現せ(第7週目) »

第7週目 垂直と水平;個人と共同体」カテゴリの記事

ヘブル」カテゴリの記事